2018年05月30日

破産の申告を実行したとしても公的機関から親族にダイレクトに電話がかかるといった類

破産の申告を実行したとしても公的機関から親族にダイレクトに電話がかかるといった類いのことはあり得ません。

なので、近親者には知れ渡らないように自己破産の手続きが可能だとも考えられます。

ただし現実問題として、自己破産手続きを申立てる際に司法機関などから一緒に住む両親や兄弟などの収入を証する書類や銀行の通帳の複製等といった資料の届出を求められるといったことがありますし債権を持つ会社から近親者へ督促が来るといったこともよくありますから、内緒で自己破産というものがすることができるという100%の確証はまずないといえます。

敢えてわからないようにして後になって知られてしまいことに比べれば最初の段階で誠実に本当のことを打ち明けてご家庭のメンバー皆が一丸となって行う方が望ましいでしょう。

一方住む場所の異なる家族においては、自己破産手続きを実行したことがばれてしまうなどといったことはほとんど悩む必要はないといえるでしょう。

夫(妻)の賠償義務を消滅させることを主眼として離縁することを検討するカップルもいるとのことですが、実は夫婦であるとしても基本的にはその人が保証の名義人ではない限りにおいて法律の上では強制力はあるとは言えません。

ただし、書類上の連帯保証人という立場になってしまっているならばもし離婚届の提出を行っても法律上の責任は残存すると認められるため支払い義務があると言われます。

ですから、別れることを行うことさえすれば支払に対する強制力がなくなるというようなことはありません。

あるいは、よく債権者が借り手の家族や親族に支払の催促をしてしまうことがありますが、連帯保証人あるいは保証人という立場になっていない場合であれば親と子の間あるいは兄と弟といった類いの親族間の未返済金などの債務などについて当人以外の親族に民法上では法的な支払義務はあり得ません。

それ以前に、貸し手が支払に対する強制力背負っていない親族の方などへ支払いの督促を実行するのは貸金業関係の法律についての金融庁の業務基準で禁じられているため支払いの請求の仕方にもよりますが貸金業関係の法律の催促の基準に反することにもなり得ます。

よって支払義務を持っていないにもかかわらず借り主の親族が支払いの催促を不当に受けたという事実が存在するとすれば金融会社に支払いの催促を直ちに止めるよう警告を発する内容証明の書類を出すのが良いでしょう。

人によっては、債務者その人の事がとてもかわいそうだからと思ってしまったために本人以外の家族が借りたお金を代理として支払うような話も聞きますが借りた本人それに他力本願になって持続的に借金を蒸し返してしまうことがとても多いのです。

という訳ですから、借入者本人の立場において斟酌すれば血も涙もないようですが借り手本人の努力で借入金を返させていくかそういったことが出来ないようであれば破産申立てをさせた方が借金を持つ本人健全な社会生活を全うするためには良いとは言えないでしょうか。

「消費者金融(プロミス)で150万ほど借り入れがありまして、任意整理か債務整理を考え...」 より引用

消費者金融(プロミス)で150万ほど借り入れがありまして、任意整理か債務整理を考えているのですが、現在住宅ローンがあります。任意整理、債務整理をした場合次の更新に響きますでしょうか?…(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋


posted by よしもと at 07:11| 任意整理